フリージアン(Friesian)

【馬の種類】

・フリージアン(Friesian)

フリージアン

フリージアンはオランダのフリースランド州が起源の重種で、ヨーロッパ古代の森林馬の子孫だとされています。

現在ではオランダ以外にもヨーロッパ全域、北アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで飼育されている品種です。

 

フリージアンはオランダで昔から現代まで非常に人気のある品種で乗用馬としてはもちろんですが、輓用馬として非常に優れています。

その美しくバランスのとれた体で、脚を高く上げてのエネルギッシュな速歩は人々を惹きつけます。

フリージアンはパワフルですが気性はおとなしく、オランダでは伝統的なフリージアン・ギグ(馬車)を引かせるときにも用いられており、また葬式に使われる馬車でも活躍しました。

 

フリージアンの体高はおよそ153センチ~163センチで、毛色は青毛のみしかいません。

そして、フリージアンの外見で印象的なのは何と言ってもその豊かなたてがみと尾でしょう。

このたてがみと尾は切ったり編んだりすることはほとんどなく、自然のままにしています。

また、頭部は長く引き締まっており、耳は小さめです。

体型はコンパクトですが力強く、肢やも丈夫で蹄病を患うことはほとんどありません。

 

フリージアンは十字軍の遠征に使われた馬と東洋の馬と交配されることで改良され、アンダルシアンもこの品種の改良に貢献しました。

フリージアンはシャイアーオルデンブルグウェルシュ・コブ、デールズ、フェルなど多くの品種に影響を与えています。

 

見た目もとても美しいですが、その敏捷さから色々なことをこなせる器用な品種です。

フリージアン2

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>