ブルトン

【馬の種類】

・ブルトン(Breton)

ブルトン
ブルトンはフランスの北西のブルターニュ地方が原産で、ブルターニュ地方の在来馬にペルシュロン、ブーロンネ、アルデンネなどの品種を交配し誕生した重種です。
体高は約150cm~160cmで毛色は栗毛や糟毛(かすげ)が多く見られ鹿毛や芦毛も見られますが、青毛はこの品種では見られません。
ブルトンは強力な筋肉を持ち、短い頸と太くてたくましい胴が特徴です

ブルトンには以前は4つのタイプの馬がいましたが、現在は2つのタイプの馬が公式に認められており、ポスティエ・ブルトン(Postier Breton)とトレ・ブルトン(Trait Breton)に分類されています。
ポスティエ・ブルトンはノーフォークトロッターやハクニーとの交配の結果に誕生しました。
このタイプの品種は中央ブルターニュ地方で主に育成され、その優雅な歩き方は馬車馬としてや農耕馬として優秀です。
また、トレ・ブルトンの方はアルデンネの血が入っており、ポスティエ・ブルトンよりもやや大柄で主に食肉用として生産されています。

ブルトン2ブルトンは日本へは明治以降に多く輸入され、産業馬の品種改良に使われました。

ペルシュロンとともに北海道でのばんえい競馬に用いられている馬にはこの品種の血が多く含まれています。

ポスティエ・ブルトンは品種改良のために日本の他にも北アフリカ、スペイン、イタリアなどにも輸出されています。

活発でスピードがあり農作業をこなせることからもフランスではブドウ園などでの作業でも活躍しています。

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>