中山記念(G2)2014予想

中山記念2014

(昨年の中山記念優勝馬ナカヤマナイト)

 

今年の中山記念はかなりの好メンバーが揃いましたね。

この先のG1戦線を占う上でも楽しみな一戦です。

 

「みんなの乗馬」管理人まっちゃんの中山記念予想

◎ロゴタイプ

〇アルキメデス

▲カレンミロティック

△ジャスタウェイ

×トウケイヘイロー

×ヴェルデグリーン

 

◎ロゴタイプは札幌記念以来の休み明けになりますが、馬体を見るとキッチリ仕上がっていていきなりから力を出せそうです。中山では3戦3勝で皐月賞の勝ちっぷりと時計から古馬相手でも通用しそうです。

調教はもともと動かないタイプなので大丈夫でしょう。

休み明けの分、実力の割にはそれほど人気にはならないでしょうし面白そうです。

〇アルキメデスは休養明けから4連勝。いずれもまだまだ余裕がある勝ちっぷりで一気の相手強化となるここでも十分通用しそうです。

▲カレンミロティックは厳しい展開となった有馬記念でも最後までよく粘っています。小回りの1800mは先行力を生かせそうです。

△ジャスタウェイは力は認めますが、決してこの条件が合うとは言えないだけに展開が大きなポイントとなりそうです。

後はスンナリとハナを奪えればしぶとい×トウケイヘイロー、中山巧者の×ヴェルデグリーンを押さえます。

馬券は3連単二頭軸マルチで5番ロゴタイプと9番アルキメデスを軸に、6番カレンミロティック、4番ジャスタウェイ、11番トウケイヘイロー、1番ヴェルデグリーンへ流したいですね。

中山記念2014(2)

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

阪急杯(G3)2014予想

阪急杯

(昨年の阪急杯優勝馬ロードカナロア)

 

「みんなの乗馬」管理人まっちゃんの阪急杯予想

阪急杯(G3)

◎レッドオーヴァル

〇ダノンシャーク

▲ラトルスネーク

△コパノリチャード

×プリムラブルガリス

×サンレイレーザー

×サンカルロ

 

今年の阪急杯はペース次第で結果がガラッと変わりそうなメンバー構成ですね。

スローペースならコパノリチャードの逃げ切りかとも思いますが、パドトロワが後藤騎手で出走してきたのが展開のポイントになりそうです。

パドトロワは1200mで先行するスピードがある馬ですし、今回はチークピーシズ着用で更に前に行く気を見せそうです。

後藤騎手も積極的な競馬をするタイプの騎手ですし、パドトロワがコパノリチャードをある程度追っかけていきそうなのでそこそこペースは速くなると読みました。

という事で差し馬向きの流れになると見て◎レッドオーヴァルにします。

去年はまだまだ細い体で成長途上ながらも重賞戦線で活躍しました。

体を見ると去年よりパワーアップしている感じですし、以前はなかなか手前を替えなかったりと走りに若さがありましたが、最近はキッチリと手前を替えるようになって上手に走れるようになってきました。

元々、紅梅Sでメイショウマンボに圧勝しているほどのポテンシャルを持っている馬ですし、マイルCSでもそう大きくは負けていません。本格化すれば牡馬の一線級相手にでも通用しそうです。

〇はやはり人気でもダノンシャークでしょうか。

調教の動きを見ると東京新聞杯延期で回避の影響はなさそうです。

後は、▲ラトルスネークは前走は出遅れて直線半ばまで詰まって完全に脚を余していました。

今回も出遅れる可能性は高いと思いますが、展開が向けば面白そうです。

後は、ある程度ペースが落ち着いた時の△コパノリチャードの逃げ残りと、調教が抜群にいい×プリムラブルガリス、マイルCSが好内容だった×サンレイレーザー、阪神1400mといえばやはり×サンカルロを押さえます。

馬券は7番レッドオーヴァルと13番ダノンシャークの3連単二頭軸マルチで相手は9番ラトルスネーク、1番コパノリチャード、15番プリムラブルガリス、12番サンレイレーザー、6番サンカルロへ計30点で買いたいと思います。

レッドオーヴァル

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーリントンカップ2014予想

アーリントンカップ

アーリントンカップは10頭立てと頭数は少ないですが、なかなかの素質馬が揃いました。

マイルの距離を考えるとクラシックには繋がらないでしょうけど、今後のマイル路線を占う意味で注目の一戦ですね。

 

「みんなの乗馬」管理人まっちゃんのアーリントンカップ予想

◎ミッキーアイル

〇アドマイヤメテオ

▲エイシンブルズアイ

△タガノグランパ

×フェルメッツア

 

◎ミッキーアイルはデビュー戦こそ内にモタれて敗れましたが、その後は三連勝でタイムも優秀です。

前走のシンザン記念も着差以上に強い内容でした。

阪神のマイルはスローペースになる傾向が強く、ここも単騎逃げが濃厚なメンバー構成です。

まだまだ手前の替え方など幼い面を残す走りですが、能力の高さでここも押しきってくれるのではないでしょうか。

〇アドマイヤメテオは新馬戦の勝ちタイムがシンザン記念と同タイムでした。

シンザン記念の週よりも馬場状態が良かったので、同タイムでもミッキーアイルのタイムよりは価値は落ちますがそれでも新馬戦をこの時計で走るのは相当大したものです。

この時に負かしたヤマノフェアリーもその後連勝してますし、アドマイヤメテオも相当な素質を感じさせますね。

前走は1800mで引っ掛かってましたし、マイルなら巻き返してくるでしょう。

▲エイシンブルズアイは前走の時計こそ遅いですが、スローペースでしたし最後も目一杯には追ってませんからまだまだタイムは詰められそうです。

ミッキーアイルの二番手で上手く流れに乗れそうな組み合わせですし、展開も向きそうです。

△タガノグランパの前走なずな賞はメンバー的にやや恵まれた組み合わせとはいえこちらも速い時計で勝ちました。

シンザン記念ではミッキーアイルに完敗の形でしたが、この中間の調教は松田博厩舎にしては珍しく速い時計でシッカリと調教してきています。こちらもまだまだ伸びしろがあるだけにどれだけ差が詰まるか楽しみです。

 

アーリントンカップ2014はこの4頭の争いではないでしょうか。

一応、フェルメッツアにも×は付けましたがこの4頭とはやや差があると思います。

馬券はミッキーアイルとアドマイヤメテオの三連単二頭軸マルチで相手にエイシンブルズアイとタガノグランパの計12点でいきたいと思います。

ミッキーアイル

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペルシュロン(Percheron)

馬の種類

ペルシュロン(Percheron)

ペルシュロン

ペルシュロン(Percheron)はフランス北西部のノルマンディー、ペルシュ地方が原産で名前の由来は原産地であるペルシュから付けられました。ペルシュロンは重種、冷血種に分類される品種です。

ペルシュロンの起源は8世紀、フランス原産の重種にアラブ種など東洋原産の馬が交配され成立したと言われています。

Pferde

ペルシュロンの体高は約162cm~約170cmですが、最も高い記録が残っているのがドクトゥール・ル・ジェア(Dr Le Gear)という馬で体高211cm、体重が何と1372kgだったそうです。

ペルシュロンの毛色は芦毛や青毛などが多く、体型は脚が短く胴が太いです。性格は大人しく、優しくて力持ちといった印象ですね。

ペルシュロンはその大きな体格を生かし、昔は軍用や馬車用、農用、重砲兵用などに使われてきました。

非公式ですが、3410ポンド(1547kg)を牽引したという例もあり従順であることからもどんな仕事もこなしてきました。

現在では、北海道で行われているばんえい競馬で活躍しているのが有名ですね。

私も帯広競馬場へばんえい競馬を見に行ったことがありますが、あまりの大きさに圧倒されました。

1トン近いソリを曳きながら坂を駆け上がる姿は迫力満点です!

北海道へ行かれた時には是非ばんえい競馬へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ばんえい競馬

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加