天皇賞2014予想&藤森祭

【天皇賞2014予想&藤森祭】

みなさんゴールデンウィークはどこかにお出かけでしょうか?

まだどこにも行く予定がないという方は、是非京都へ行ってみてはいかがでしょうか。

明日は京都競馬場で大レースの天皇賞が行われますし、翌日の月曜日には藤森神社で藤森祭の駈馬神事(かけうましんじ)が行われます。

この駈馬神事は約180mの馬場を様々な騎乗方法で駈け抜ける伝統のある行事です。

例えばこのように逆立ちで馬に乗ったり

藤森祭2

このように馬に乗りながら字を書く「一字書き」や「横乗り」という乗り方があります。

藤森祭
「一字書き」は戦国時代、周りの味方に敵の情報などを伝達するために馬上で文字を書いていたという乗り方ですね。

「横乗り」は馬の横に姿を隠すことによって敵から身を隠すという乗り方です。

この他にも様々な騎乗がありますので、是非生でその騎乗法を確認してみてください。

駈馬神事は5月5日(月)の午後1時と午後3時に行われる予定とのことです。

詳しくは藤森神社などのホームページをご確認ください。

 

さて、明日の天皇賞の予想もしておきます。

◎はアドマイヤフライトです♪

去年の暮れに復帰しての二走が強い内容ですし、3200mの距離もピッタリだと思います。

前走は中山が合わなかっただけで評価を落とす必要はないと思います。

そういえばお父さんのマンハッタンカフェも日経賞で負けた後に天皇賞を勝ちましたね。お父さんの再現を期待したいものです。

他の印は

〇ゴールドシップ

▲キズナ

△フェノーメノ

×ウインバリアシオン

×サトノノブレス

×アドマイヤラクティ

です♪

それではみなさん良いゴールデンウィークを^^

天皇賞

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

馬の肺

【馬の豆知識】

・馬の肺

最近のこのブログでは馬の内臓のことについて触れてきましたが、今回も馬の内臓シリーズということで馬の肺について触れたいと思います。

肺は酸素を吸収し二酸化炭素を排出する役割を持っています。

馬は激しい運動をする時には大きな鼻から少しでも多くの酸素を取り入れようと、鼻孔の筋肉を使い鼻の孔を押し広げています。

馬は長い距離を速いスピードで走ることができますが、走行中は大量のエネルギーを消費するために、大量の酸素が常に必要になってきます。 その酸素を効率よく身体中に送れるようにするために、前にブログでご紹介したような大きな心臓であったり、血液の造りであったり、その血液を大量に蓄えることができる脾臓であったりと馬は運動するのに非常に効率的な身体の造りになっています。

今回ご紹介する肺ももちろん運動する上でとても重要な役割を果たしています。 人間の肺の重さは体重の1%にも満たないですが、馬の肺の重さは体重のおよそ1.5%を占めます。

肺の中には肺胞と呼ばれる小さな袋があり、その肺胞はたくさんの毛細血管に包まれています。 その肺胞の壁を通して酸素と二酸化炭素の交換が行われますが、肺におけるガス交換は肺胞の総表面積が広ければ広いほど効率よく行われます。

例えば人の肺胞の総表面積は約70~80平方メートルです。 これはよく言われる話でみなさんも聞いたことがあるかもしれませんが、テニスコート1面分に相当します。 人間でもこれだけ効率よく肺でガス交換を行っていますが、馬は当然それ以上の肺胞の表面積でおよそ2500平方メートルにもなります。

これは何とお城ほどの表面積があるということです。

馬の肺の中では、いかにたくさんのガス交換が行われているかが分かりますね。

ちなみに多くの哺乳類では右の肺の方が左の肺よりも大きくできています。 これは心臓が左の方に位置しているために左側の胸腔が狭くなっていることや、右肺が大量の空気を送り込む仕組みになっているためです。 ちなみに右左の容積比は人間で8:7、馬で4:3の割合となっています。

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加