トアテリウム

【馬の豆知識】

・トアテリウム

馬の最も古い祖先であるヒラコテリウム(エオヒップス)は今からおよそ5200万年前にはすでに存在していたと言われています。

ヒラコテリウムは現在の馬(エクウス)にまで長い時間をかけて進化を繰り返し、体の各部分を変化させてより速く走ることができるようになりました。

五本の指のうち、中指だけを長く進化させて他の指を退化させたのも速く走るためには必要な変化でした。

ヒラコテリウムからエクウスまで馬の進化の舞台の中心となったのは北米大陸です。

北米大陸で進化を繰り返した馬は、かつては地続きであったベーリング海峡を渡ってアジアやヨーロッパ、アフリカへと広がっていきました。

しかし、実は南米大陸にも同じような進化の過程をエクウスとは全く独立してたどった生物がいました。

トアテリウムと呼ばれたこの生物は、およそ2300万年前から500万年前にかけて生息していたと言われ、エクウスと同じように脚は中指一本のみに進化しており他の指は退化し、その痕跡も消滅寸前の段階にまで達していました。

トアテリウムは馬よりも早い段階で脚を一本指に進化させており、現在の馬がまだ退化した指の痕跡が残っていることを考えれば、むしろ現在の馬よりも洗練されていたとさえ言えるかもしれません。

トアテリウムの化石はあまりにも馬によく似ているために偽馬とも称されています。

 

トアテリウムがこのまま進化を繰り返していれば、もしかすると馬よりも速く走ることができていたかもしれません。

しかし、トアテリウムは絶滅してしまうことになるのです。

かつては南米大陸は海に囲まれた孤立した大陸でした。

そのため、強力な肉食獣がいなかった時は生き延びることができましたが、大陸が動き南米大陸と北米大陸が地続きとなり、北米大陸から強力な肉食獣がやってくるとトアテリウムは絶滅してしまうことになるのです。

もしトアテリウムが生存し、順調に進化を繰り返していたら現代ではどれほど優れた動物になっていたのだろうかと思わずにはいられませんね。

馬の進化

【北米大陸で進化を繰り返した馬の進化図。これとは独立して南米大陸で進化したのがトアテリウム】

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

馬のストレス解消法

【馬の豆知識】

・馬のストレス解消法

乗用馬や競走馬など人に飼育されている馬はストレスの大きい生活を送っていると言われています。

特に競走馬に関してはレースや調教などでかかるストレスもあり、競走馬の80%以上もの馬が胃潰瘍を発症しているとも言われています。

 

しかし、馬にストレスがかかるのは運動している以外の時間にもあります。

人の管理下に置かれている馬は運動以外のほとんどの時間を馬房の中で一頭だけで過ごします。

本来、馬は群れを作って生活する動物なので、一頭だけで一日の大半を過ごすというのは多少なりともストレスがかかるものでしょう。

また、競走馬などは穀物を主体にした栄養価の高い餌が与えられています。

草原では15時間以上もの間、ずっと食べ続けなければ得られないカロリーをわずか数十分で摂ってしまうのです。

 

こうした単調な生活に潤いを与えるために馬にもストレス解消の手段を与えてあげないといけません。

放牧してあげると嬉しそうにはしゃいで走ったり、ゴロンと寝転んだりしてどの馬もとても気持ちよさそうにします。

これは馬にとっての何よりのストレス解消法になっているでしょう。

馬の触覚

 

また外乗コースなどがある乗馬クラブなどではコースをのんびりと歩くのもストレス解消になっているでしょう。

もちろん初めての外乗コースを歩く場合は気を使ってストレスがかかるでしょうが、慣れた外乗コースで森林などの自然の中を散歩するのはいいリフレッシュになっているはずです。

また、イージーリスニングなどの落ち着いた音楽を聴かせるというのもストレス解消法のひとつでしょう。

人間の場合だとお酒を飲んだり、カラオケで歌ったりと色んなストレス解消法がありますが、それができない馬には人間が積極的にストレスを解消できる場を作ってあげるのが大切だと言えるでしょう。

馬のストレス解消法

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

馬のトレーニング

【馬の豆知識】

・馬のトレーニング

乗用馬や競走馬は日々トレーニングによって鍛錬しています。

トレーニングには、運動に不要な脂肪を減らすという重要な効果があり、人間と同じで馬も運動しないとドンドン太ってしまい、その馬のパフォーマンスが十分に発揮できなくなってしまいます。

そして、トレーニングによって最も目に見える形で変化するのが筋肉です。

トレーニングによる刺激によって筋肉の筋繊維が太くなり、肢を動かすために重要な役割を果たす肩やお尻の筋肉群に張りが出て力強くなってきます。

また、筋繊維の周りを取り巻いている毛細血管もトレーニングによって増加し、さらにはエネルギーの生産に必要な酵素の活性も高まるのです。

 

トレーニングでは目に見えない部分も鍛えられます。

その見えない部分のひとつが心臓です。

よくスポーツ心臓と呼ばれるようにトレーニングによって心臓も大きくなり、低い心拍数でも全身に血液を効率よく循環させることができるようになるのです。

また、トレーニングによってエネルギーの源になるグリコーゲンの筋肉内貯蔵量が増加したり、酸素を運ぶ役割がある赤血球が増加することも知られています。

人間でもマラソンランナーはトレーニングによって心臓が強くなったり、低い心拍数で走ることができるようになることが知られています。

ちなみにシドニーオリンピックのマラソン競技で金メダルを獲得した高橋尚子選手の安静時の心拍数は40回前後ほどだそうです。(成人女性の平均はおよそ65回~75回)

このように馬も人間もトレーニングによって目に見えない器官まで鍛えられるのです。

馬のトレーニング

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加