苦手な馬を克服するには

・苦手な馬を克服するには

【気持ちで馬に負けないように】

人によって乗るのが得意な馬もいれば、もちろん苦手な馬もいると思います。

人間と馬にはそれぞれ相性の良し悪しがあるので、苦手な馬がいるのも仕方がありません。

しかし、苦手な馬に乗るときに気持ちで馬に負けてしまってはいけません。

 

得意な馬に乗るときは身体もリラックスして、的確な扶助を送れているのに苦手な馬に乗ったとたんに身体が硬くなり、扶助も自信のなさそうに送っている人を見かけます。

つまり、苦手意識を持ちすぎて技術的な面でなく気持ちの面ですでに苦手な馬に負けてしまっているのです。

 

苦手な馬に乗る時でも「今、自分の得意な馬に乗っている」と思い込むようにしましょう!

そう思い込むことによって身体の硬さが取れてリラックスでき、扶助も自信を持って送れるようになるはずです。

馬に乗ったら自分がリーダーとして馬を引っ張っていかなければいけません。

気持ちで馬に負けないようにしましょう!

駈歩

こちらのページでは乗馬の上達方法についてご紹介しています。

http://www.minnano-jouba.com/progress.html

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

GWに行われる馬イベント

・GWに行われる馬イベント

いよいよゴールデンウイークに入りました。

みなさんゴールデンウイークの予定は立てられましたでしょうか?

どこかに旅行に行くという方、または家でゆっくりと過ごすという方、色々いらっしゃると思いますが、まだ何も予定がないという方は是非とも馬のイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

・JRA馬事公苑(東京都)

馬事公苑(東京都世田谷区上用賀2-1-1)では5月3日(祝・日)~5月5日(祝・火)に「第44回JRAホースショー(馬事公苑馬術大会)」を開催いたします。

このJRAホースショーは国内でも屈指の障害馬術大会で毎年ハイレベルな競技が展開されています。

また、この障害馬術大会の他にも色々な馬のアトラクションや体験乗馬、馬車の試乗会、ポニー競馬などが行われ、馬と身近に触れ合える絶好の機会となっています。

 

・藤森神社(京都府)

藤森神社(京都市伏見区深草鳥居崎町609)では5月5日(祝・火)に藤森祭の駈馬神事(かけうましんじ)が行われます。

この駈馬神事は約180mの馬場を様々な騎乗方法で駈け抜ける伝統のある行事です。

例えばこのように逆立ちで馬に乗ったり

藤森祭2

このように馬に乗りながら字を書く「一字書き」や「横乗り」という乗り方があります。

藤森祭

「一字書き」は戦国時代、周りの味方に敵の情報などを伝達するために馬上で文字を書いていたという乗り方ですね。

「横乗り」は馬の横に姿を隠すことによって敵から身を隠すという乗り方です。

この他にも様々な騎乗がありますので、是非生でその騎乗法を確認してみてください。

 

ゴールデンウイークは是非馬と触れ合いましょう!

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

のまうまハイランド

・のまうまハイランド

日本には合計8種類の日本在来馬がいます(北海道和種木曽馬野間馬御崎馬対州馬トカラ馬宮古馬与那国馬

その8種類の日本在来馬の中でも体高が低く、小さい野間馬。

その野間馬と身近に触れ合うことができるのが、愛媛県今治市にある「のまうまハイランド」です。

のまうまハイランド1

野間馬は現在、愛媛県今治市を中心に飼育されており一時は絶滅の危機に瀕したこともありますが、野間馬保存会が結成されたのをきっかけに増産が進められました。

のまうまハイランドの入り口を入ると放牧場に野間馬が放牧されています。

のまうまハイランド2

のまうまハイランド3

みんなノンビリとリラックスして過ごしていますね。
こちらの野間馬たちはゴロンと横になって熟睡。

のまうまハイランド4

のまうまハイランド5

馬は草食動物なので、肉食動物からいつでも逃げることができるように立ったまま寝たりと本能的に警戒心を常に持っているものですが、こうやって無防備に横になって寝るということはこの環境に安心しきっているということなんでしょうね。

子供のみですが、こちらでは野間馬に乗ることができる場所も用意されています。

のまうまハイランド6

 

他にも子供が遊ぶことができる遊具があったり、

のまうまハイランド7

こちらの建物の中には、

のまうまハイランド8

このようなかわいい馬グッズなどが販売されていたり、

のまうまハイランド9

美味しいアイスクリームを食べることができます♪

のまうまハイランド10

 

そして、この建物の二階には野間馬の歴史が分かる資料館があります。

これは昔、野間馬が農耕や荷物の運搬などに使われていたときの鞍ですね。

のまうまハイランド11

このようにのまうまハイランドには色々な施設があり、特に子供が楽しめるところも多いので親子連れで行くと楽しめるでしょう!

野間馬と身近に触れ合うことができるのまうまハイランド。

入園料は無料です♪

のまうまハイランドについて詳しくはコチラのホームページをご覧ください。

http://www.imabari-nomauma.jp/

のまうまハイランド12
のまうまハイランド13

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホースセラピー

・ホースセラピー

ホースセラピーという言葉をご存じでしょうか。

何かとストレスの多い現代社会において、アニマルセラピー(動物介在療法)と言われる動物を利用したセラピーが近年特に注目を集めています。

アニマルセラピーは動物と触れ合うことでストレス解消など心の癒しの効果があるもので、犬や猫などのペットを飼っている方はその愛くるしい姿に癒されているという方も多いでしょう。

 

馬にも犬や猫などと同じく、人間を癒してくれる効果があり、それがホースセラピーです。

馬と触れ合うことでストレス解消の効果がありますが、馬が犬や猫などと違うところは乗ることができるということです。

馬に乗ると視点が高くなります。

そして、人間より大きい動物である馬を操ることによって自分に自信が持てるようになるのです。

これにより不登校や引きこもりといった問題を抱えている方にホースセラピーは大きな効果を発揮しており、不登校や引きこもりが改善したという声がたくさん聞かれています。

また、ホースセラピーは心の病だけでなく、身体の不自由な方にも有効で、馬に乗って歩いているだけで身体を刺激し症状の改善につながるのです。

ホースセラピー2

ホースセラピーは近年、徐々に広まりを見せています。

下記写真の南アルプス市乗馬センター(山梨県)などホースセラピーに本格的に取り組む乗馬施設も増えてきました。

これからもっともっとホースセラピーという療法が広く認知され、心や身体に不安を抱えている方たちの手助けになることを願いたいですね。

南アルプス市乗馬センター6
南アルプス市乗馬センター(山梨県)

 

こちらのページでもホースセラピーについてご紹介しています。

http://www.minnano-jouba.com/therapy/

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加