顔の模様

【馬の豆知識】

・顔の模様

馬の顔はそれぞれの馬によって様々な模様があります。

馬の顔の模様は馬を識別するためにはとても重要なもので、この模様はそれぞれの特徴によって細かく名前が付けられています。(下図参照)

馬の白斑

白斑と呼ばれる顔の模様は以下の組み合わせによって成り立っています。

 

・星・・・額にある白斑です。親指よりも小さなものを小星、握り拳より大きなものを大星といいます。

 

・曲星(きょくせい)・・・その名の通り曲がっている星のことを言います。

 

・乱星(らんせい)・・・形状の乱れている星のことを言います。

 

・流星(りゅうせい)・・・星が鼻筋の方向に流れているものを言います。

 

・環星(かんせい)・・・星が環状になっているものを言います。

 

・鼻梁白(びりょうはく)・・・鼻筋にある縦長の白斑のことを言います。

 

・鼻白(びはく)・・・鼻にある白斑です。鼻骨よりも広い幅の場合を鼻大白、親指の幅よりも狭い場合を鼻小白と呼びます。

 

・白面(はくめん)・・・額から鼻筋を通って白斑が鼻まで続き、白斑が顔の半分以上を占める場合や両目の幅まで及ぶものを言います。

 

【サラブレッドの有名馬の顔の模様】
ディープインパクト

ディープインパクト・・・星

 

 

トウカイテイオー

トウカイテイオー・・・流星鼻梁小白断鼻小白断上唇小白

 

マヤノトップガン

マヤノトップガン・・・流星鼻梁白鼻梁鼻大白上下唇大白

 

画像提供http://photozou.jp/user/top/745137

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加