白毛

【馬の豆知識】

・白毛

馬には様々な毛色があります。

その中でも極めて珍しい毛色が白毛です。

日本で初めて白毛が確認されたのは1979年(昭和54年)ですが、海外ではこの白毛がサラブレッドでもまれに見られるということは昔から知られていました。

フランスでは昔、モンブラン(1963年生まれ)という白毛の種牡馬がおり、また19世紀のアメリカでもホワイトクロス(1896年生まれ)という白毛のサラブレッドがいました。

 

白毛の馬はほぼ全身が真っ白な毛で覆われています。

芦毛の馬も歳を重ねるごとに徐々に白くなっていきますが、白毛の場合は生まれたときから全身が白くなっています。

また、毛の下の地肌の色は芦毛の馬の場合は黒かそれに近い色ですが、白毛の場合はピンク色になっています。

 

以前は白毛は体が弱いという間違った認識をされていたこともありました。

しかし、必ずしもそういった証拠はなく、白毛が生まれる原因となっている遺伝子を両親から同時に受け継ぐと、死んで生まれたり出生直後に死亡する(白色致死)ことから、白毛は体質が弱いという誤解をされていたと思われます。

また、白毛の競走馬は競走能力が劣ると思われていたときもありました。

しかし、近年はブチコをはじめとして、白毛の競走馬で勝ち星をあげる馬が何頭も出てきており、これが誤解であることが証明されています。

馬の毛色(白毛)

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

馬は馬方

【馬にまつわる言葉】

・馬は馬方(うまはうまかた)

今日の馬にまつわる言葉は「馬は馬方」です。

「馬方(うまかた)」とは、馬に人や荷物を運ばせる仕事をする人のことをいいます。

馬方のように、馬を扱うことを職業にしている人が馬を扱えば意のままに動かすことができます。

しかし、馬に慣れていない素人の人が馬を扱おうとしても馬はなかなか思い通りには動いてくれません。

このことから転じて、「その道の専門家は専門家だけのことがある」というたとえになります。

また、馬に限らずその道の専門家は他に比べて一段と優れているということを表しています。

類義語として「餅は餅屋」「蛇の道は蛇」などがあります。

 

この「馬は馬方」ということわざは、乗馬をされている人にはよく共感できる言葉なのではないでしょうか。

初めて馬に触れたときはおそるおそる触れて、なかなか馬が言うことを聞いてくれなかったという経験が誰にでもあるはずです。

しかし、経験を積み馬に慣れることによって馬の扱い方が上達し、馬もこちらの言うことを聞いてくれるようになります。

乗馬もとにかく「慣れ」が大事なのです。

馬は馬方

 

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

生き馬の目を抜く

【馬にまつわる言葉】

・生き馬の目を抜く

今日の馬にまつわる言葉は「生き馬の目を抜く(いきうまのめをぬく)」です。

これまでにご紹介してきたことわざに比べると、有名なことわざですので耳にされたことのある人も多いでしょう。

 

「生き馬の目を抜く」とは、「素早く事をするさま。また、他人を出し抜いて利益を得る様子。抜け目がなくて油断も隙もない」というような意味になります。

素早く物事を行うことを「生きた馬の目ですら抜き取ってしまうほど素早い」という風に例えたのがこの言葉の由来です。

ではなぜ「馬の目」なのでしょうか?

実は同じような意味のことわざに「生き牛の目を抉る(いきうしのめをくじる)」という言葉があり、こちらは牛がことわざに使われています。

馬も牛も人間の生活には欠かすことのできない存在で、人間と深い関係があることから、馬と牛はことわざによく登場します。

「馬の目」と例えられた理由としては、馬は足が速いために目を抜くことがより難しそうであることからこのようなことわざになったと推測されます。

タペタム

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

牛も千里、馬も千里

【馬にまつわる言葉】

・牛も千里、馬も千里(うしもせんり、うまもせんり)

今日の馬にまつわる言葉は「牛も千里、馬も千里」です。

前回にご紹介した「牛は牛連れ、馬は馬連れ」などのように、馬と牛は対比される形でよく一緒にことわざに登場します。

 

「牛も千里、馬も千里」とは「早くても遅くても、または上手でも下手でも、行き着く結果は同じなのだから慌てるな」という意味で使われます。

 

牛は歩くスピードでは馬には劣ります。

しかし、歩く速度が遅くても速くても、千里を歩かせれば歩くことができます。

遅くても速くても同じところを目指していれば、いつかは必ず辿り着くことができます。

なので、前述のような意味になり、たとえ要領の悪い人でもシッカリとした目標を立ててコツコツと行動すれば要領の良い人と同じ成果が得られるので慌てなくてもいいよという意味で使われます。

牛と馬

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加