ポワトゥーロバ

【馬の種類】

・ポワトゥーロバ

今回は馬ではなく珍しい種類のロバについてご紹介したいと思います。

 

その珍しいロバというのがコチラ↓

 

ポワトゥーロバ

このロバはポワトゥーロバという種類のロバです。

とにかく毛が長くフサフサで、かなりインパクトのある外貌ですね。

普通のロバは夏になると毛が抜けて毛変わりをしますが、このポワトゥーロバは夏になっても毛がそのまま伸び続けるので、切らないでいるとこのような毛の長さになるのだそうです。

 

ポワトゥーロバはフランス南西部のポワトゥー地帯が原産のロバで、この地域では数百年にわたって荷物を運んだりと活躍してきましたが、運搬方法がロバから車に代わったことによりその頭数が激減し、ポワトゥーロバの純血種の頭数は20世紀半ばには数十頭にまで減少してしまいました。

しかし、現在は絶滅危惧生物保護プログラムのおかげでその頭数はおよそ500頭にまで増えたそうです。

ちなみにフランス現地ではポワトゥーロバの「乗ロバ体験」もできるようですよ。

モコモコのドレッドヘアがとっても愛くるしいですね♪

ポワトゥーロバ2

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

南船北馬

【馬にまつわる言葉】

・南船北馬

ここ何回かのブログでは馬にまつわる英語表現をいくつかご紹介してきましたが、今回は馬にまつわる四字熟語をご紹介します。

 

今回、ご紹介する言葉は「南船北馬(なんせんほくば)」です。

南船北馬とは「全国各地を旅すること。また、せわしなく旅をしていること」を言います。

この四字熟語は中国が由来となっています。

中国の南の方は川や湖が多いので船を使って移動し、中国の北の方は平原や山野が多いので馬に乗って移動するということからこの言葉ができました。

 

同じような意味の四字熟語として「東奔西走(とうほんせいそう)」というものがあります。

 

ちなみに私は中国の馬というと真っ先に「赤兎馬(せきとば)」を思い浮かべました。

赤兎馬は三国志がお好きな方にはお馴染みだと思いますが、最強の武将・呂布の愛馬とされている馬です。

一日に千里を走る名馬といわれており、一説では赤兎馬は汗血馬のことではないかとされています。

 

【汗血馬】・・血のような汗を流して走る馬。中国において古くから名馬の証とされてきた。

アハルテケ

【この写真のアハルテケという品種は汗血馬の子孫ではないかとされています。】

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加