馬がセルロースを分解するしくみ

【馬の豆知識】

・馬がセルロースを分解するしくみ

前回のブログ(なぜ馬は草だけでも生きていけるのか?)では馬は草に含まれているセルロースを分解することによってエネルギーとして利用することができることをご紹介しました。

人間の場合は草だけを食べていては生命を維持するためのエネルギーとすることは不可能ですし、セルロースを分解することもできません。

しかし、セルロースをエネルギー源としている馬にとってもセルロースを分解できる消化酵素を持っているわけではないのです。

では、なぜ馬はセルロースを分解することができるのでしょうか?

 

実は馬は盲腸の中にいる微生物の力を借りてセルロースを分解しているのです。

盲腸というと人間の場合は消化器官としての働きはほとんどない器官とされていますが、馬の場合は盲腸が消化に重要な役割を果たしています。

 

馬の盲腸の長さは約1メートル、体積は約30リットルもある大きな器官です。(人間の盲腸は指先程度の大きさしかありません)

この盲腸の中の微生物が未消化のセルロースを発酵分解して脂肪酸に変えることによって消化管で吸収できるようにしているのです。

そして、微生物によってつくり出されたこの脂肪酸を盲腸や結腸で吸収することによって、馬はセルロースをエネルギー源として利用することができるというわけです。

 

馬は自然な生活を送っているぶんには草だけを食べていても生きていくことができます。

しかし、人間に管理されている馬は乗用馬や競走馬として人間を乗せて激しい運動をしています。

こういう馬たちにとってはさすがに草だけでは必要なカロリーが補えなくなってしまいます。

そこで、フスマやエン麦などの濃厚飼料と呼ばれる高カロリーな穀物を食べることで運動に必要なエネルギーを摂取しているのです。

草を食べる馬たち

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加