乗馬ライフ7月号

・乗馬ライフ2016年7月号

JL1607_H1-4

乗馬ライフの7月号が発売されました!

今回の乗馬ライフも役立つ乗馬の情報とキレイな写真が満載です。

是非ご覧ください。

 

●特集1 愉快な乗馬
楽しいだけ、面白いだけでは物足りない
・太田宏昭の人と馬に出会う旅  素晴らしき西部劇ごっこ
・大好きな馬たちと共演!
いつもと違う自分を演じてみませんか?
・南方あずみプレゼンツ 馬旅は楽し♥
・乗馬クラブから届いた愉快なスナップ集!
・馬もリゾート気分!?

●新緑と笑顔に囲まれて 初夏、馬の祭典
・第45回 JRA馬事公苑馬術大会 JRAホースショー
・馬とあそぼう こどもの日SPECIAL

●特集2 馬の気持ち+人の気持ち
・馬の気持ちを知りたければ、人の気持ちを馬に伝える
・目からウロコの“非常識”上達法
・本当は難しく、実は重要な「常歩」 田中雅文
・扶助を認知させるためのプレッシャー&リリース

●Horse Culture
・東京都府中大國魂神社 くらやみ祭 競馬式

●Field on the Earth
・カラフルな馬の祭典の舞台  インド・プシュカルへ(青木賢至)

●JL Urashima,s Box
耳を澄ませば、いろいろなニュースが見えてくる
・桜並木の下、女性騎手が鉄砲馬場を駈け抜ける!
・くらやみ祭 競馬式の裏側
・角居勝彦調教師の「サンクスホースプロジェクト」が始動!
・毎日が乗馬日和! いろんな刺激を受けてます! 南方あずみ
・三越・PIAFFER GRAND Prix
グランプリ大障害飛越競技

●Arena Special
・第9回 PBCサーキットファーストシーン2016

●好評3大連載
・長谷川誠のバランスクリニック 最終回 総集編
・ウエスタンライダー養成講座 タックアップ/馬装 土岐田騰馬
・ジャンピングトレーニング講座
トレーニングの必要性おさらい 西崎純郎

●JL FACE ナチュラルホースマンシップについて知りたい!
●SUPER☆GiRLS“みやり”の馬術日記 最終回 競技会出場!
●馬鏡 杉谷泰造リンツ4スターGP優勝! 大久保登喜子
●Column
・馬探訪 あの馬を訪ねて アドマイヤカイザー
●Club Guide
・乗馬クラブガイド・スペシャル
人と馬が共存できる空間をめざして
(ファナウステーブル)
・全国乗馬クラブガイド

●馬のお仕事・リクルート情報

●JL×Forum
・『乗馬ライフ』読者コーナー
・写真ギャラリー
・“馬”ちがい探し 7
・Wanted!!
・JL×Choice 新商品&ウマにまつわる新情報
・プレゼントコーナー
・インフォメーションコーナー

●綴じ込み付録 馬のカレンダー

取扱乗馬倶楽部、乗馬用品店で
発売!
※店頭にない場合は下記まで
お問い合わせください。
ワイズファクトリー
電話03-3209-6651
(平日9:30~17:30)

書店での発売日は下記まで
●コスモポリタンプレス
03-5943-6430
オンライン書店でもご購入可能です
http://fujisan.co.jp/pc/web-jobal

 

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京競馬場乗馬センター

・東京競馬場乗馬センター

 

東京都府中市にある東京競馬場。

日本の競馬場の中で最も規模の大きな競馬場です。

東京競馬場

 

この東京競馬場には乗馬センターもあるのですが、2016年4月より「新・乗馬センター」としてリニューアルオープンしました。

新しい乗馬センターは約1年半かけて整備され、厩舎を大きくして体験乗馬やアトラクション用の馬をこれまでの2倍の約40頭に増やしました。

 

東京競馬開催日の土曜日と日曜日には体験乗馬やアトラクションホースショーなどのイベントが開催されています。

東京競馬場乗馬センター2

 

私が訪れた5月29日には馬場馬術の演技が行われていました。

このように二頭でハーフパスやパッサージュ、ピアッフェなどの様々な演技を披露していきます。

東京競馬場乗馬センター

 

乗馬初心者の方には馬術の演技は分かりにくいかもしれませんが、このように職員の方がマイクを使いながらそれぞれの演技について細かく解説してくれるので馬術のことを分かりやすく学ぶことができます。

東京競馬場乗馬センター3

 

こちらは二頭での駈歩です。

東京競馬場乗馬センター4

駈歩の手前や踏歩変換(フライングチェンジ)についても分かりやすく解説してくれます。

東京競馬場乗馬センター5

 

このような演技も!

東京競馬場乗馬センター6

 

演技が終わった後にはこのようにお馬さんとも触れ合うことができますよ。

東京競馬場乗馬センター7

 

馬と触れ合いながら馬術のことを学べるので非常にオススメのスポットです。

乗馬センターのイベント開催日程などについてはこちらのJRAホームページをご覧ください。

http://jra.jp/facilities/race/tokyo/news/fureai_kaisai.html#32

 

ちなみにこの日は日本ダービー当日。

日本ダービー

 

13万人以上が東京競馬場に詰めかける大イベントです。

日本ダービー2

日本ダービー3

 

日本ダービーを優勝したマカヒキ号と川田将雅騎手。

手に汗にぎる素晴らしいレースでした。

日本ダービー4

乗馬は好きだけれど競馬は分からないという方には競馬のことを知ってもらうことができますし、また逆に競馬は好きだけれど乗馬は分からないという方にも乗馬のことを知ってもらうことができる東京競馬場。

とってもオススメのスポットなので行ったことがないという方は是非一度足を運んでみてください。

 

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダービー豆知識

【馬の豆知識】

・ダービー豆知識

今週の日曜日は東京競馬場で日本ダービーが行われます。

ダービーという名前のつくレースはイギリスダービー、ケンタッキーダービー、アイルランドダービー、ドイツダービーなど日本以外にも世界各地で行われています。

 

ダービー発祥の地はイギリスで、第一回のイギリスダービーは1780年(日本で言えばまだ江戸時代!)に行われました。

イギリスを模範として設立された日本ダービーは1932年(昭和7年)に第一回が行われています。

 

ところでこの「ダービー」というレース名の由来はどこから来ているかみなさんご存じでしょうか?

実はこの「ダービー」というのは人の名前なのです。

このレースの創始者である「ダービー伯爵、エドワード・スミス・スタンレー」にちなんで名付けられました。

 

ダービー伯爵はこのレースの設立についてバンベリー伯爵という人とレースの条件などについて相談しました。

そして、このレースの名前を決める際に「ダービー」にするか「バンベリー」にするかを迷った末にコイントスによってレース名を決めることになりました。

コインが表なら「ダービー」、裏なら「バンベリー」。

このコイントスによってダービー伯爵が勝利し、このレースは「ダービー」と名付けられることになったのです。

もし、この時にコインが裏に出ていれば「日本ダービー」ではなく「日本バンベリー」になっていたかもしれませんね。

コイントス

 

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

乗馬上達につながる日常の行動

・乗馬上達につながる日常の行動

乗馬が上達するにはたくさん馬に乗ることが一番ですが、なかなか時間がなくて馬に乗ることができないという方も多いと思います。

しかし、馬に乗っていないときでも乗馬の上達につながる行動というのはあります。

ここではそんな乗馬の上達につながる(かもしれない?)日常の行動について独断と偏見でご紹介したいと思います。

 

【電車の中で吊り革を持たずに立っておく】

今回ご紹介するのは普段、通勤や通学など電車をよく利用する方に効果的な方法です。

通勤電車

電車の中で空いている席があるとすぐに座りたくなりますよね。

しかし、空いている席があってもあえて座らずに立ったままでいると、よいトレーニングになります。

もちろん吊り革や手すりなどは持ってはいけません。

サーフィンに乗っているようなイメージでバランスをとりましょう。

 

最初は足幅を開いて立ち、慣れて安定してバランスが取れるようになってきたら、少しずつ足幅を小さくしていきます。

その時におへその少し下ぐらいのところを意識して、お腹に力を入れることがポイントです。

 

最初は一駅分ぐらいの短い時間から始めて、慣れてきたら徐々に時間を増やしていくのもいいですね。

慣れるまではすぐに手すりなどにつかまれるところで行った方が安全です。

 

乗馬で大事なことはバランス感覚ですが、このように電車で立っておくことによりバランス感覚が鍛えられます。

馬に乗るときと電車で立つときのバランスのとる体の部分は違うとはいえ、やって損はないトレーニング方法です。

 

あえて時間をつくらなくてもできるトレーニングですし、毎日の小さな習慣の積み重ねが成果につながります。

 

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加