馬の歩法変換

【馬の豆知識】

・馬の歩法変換

競歩という競技があります。

競歩はその名の通り、歩くスピードを競う競技で、走ると失格になってしまいます。

しかし、競歩の選手の歩くスピードはとても速く、走っているスピードと変わらないぐらいです。

 

普通、日常生活でこれぐらいのスピードで移動しようとするのなら歩くよりも走ることを選びます。

速いスピードで歩くよりも、遅いスピードで走る方が楽だからです。

速いスピードで歩く競歩の選手を見ているとかなりしんどそうに見えますね。

人間は移動するスピードに応じて歩くことと走ることを使い分けています。

 

そして、人間と同様に馬もその移動スピードによって歩法を使い分けています。

馬は4本足の動物なので、その歩法は人間よりも複雑になり、移動スピードの遅い順から、常歩(なみあし)→速歩(はやあし)→駈歩(かけあし)→襲歩(しゅうほ)と歩法が変わります。

常歩の歩様2

速歩の歩様

 

そして、馬も人間と同じで、ある段階のスピードに達すると歩法を変え、楽で効率的な歩法で移動します。

速いスピードの常歩では疲れるので、速歩に切り替える。

逆に、遅すぎる駈歩では疲れるので、速歩に切り替えるというような感じです。

馬は何となく歩法を変えているように見えますが、実はその移動スピードにおいて最も効率的で疲れにくい歩法を選んでいるのです。

軽速歩

 

このことを調教に利用することもできます。

つまり、速歩で移動するぐらいのスピードでの運動は速歩で移動するよりも常歩で移動する方が馬にとってはしんどい運動なので、あえて常歩で移動することによって運動負荷を多くかけることができるのです。

馬の下肢部の活動

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

蹄なくして馬なし

【馬の豆知識】

・蹄なくして馬なし

 

「蹄なくして馬なし」という言葉があります。

この言葉は馬にとって蹄がいかに大切なものかを表す言葉として、よく使われるのでみなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

草食動物である馬は野生の生活で肉食動物から逃げて生き延びていくためには、速く走らなければいけませんでした。

速く走るためには脚を回転させる「ピッチ」を上げるか、一歩の距離である「ストライド」を伸ばすかという二つの方法しかありません。

そこで、馬が進化の過程で速く走るために行ったのが「つま先立ち」です。

今現在の馬の脚先はつま先立ちで立っているようなものなのです。

馬の下肢部

遠い昔、馬の祖先は脚の先に複数の指を持っていました。

しかし、進化の過程で中指(第三指)だけが進化し、他の指は退化。

中指一本で立つようになったのです。

これによって脚を長くしてストライドを伸ばすことに成功し、速く走ることができるようになったのです。

 

しかし、指一本で立つことによって指の先端には大きな負担がかかってしまいます。

そこで、指先の皮膚全てを角質化して今現在のような蹄のつくりに進化したのです。

馬の蹄のクッション効果

蹄は「第二の心臓」と呼ばれることもある大事な部位です。

そして、そんな大事な蹄を守るのが蹄鉄です。

でも、野生の馬は蹄鉄など履いていません。

なぜ蹄鉄を履かせる必要があるのでしょうか?

 

蹄は生長しますが、運動することによって磨耗します。

野生の馬はこの生長と磨耗のバランスが上手く保たれています。

しかし、人間が乗って運動することによって蹄の生長と磨耗のバランスが崩れてしまいます。

そこで、蹄鉄によって蹄を磨耗から守っているのです。

 

ちなみに「蹄」という漢字は「足へん」に「帝(みかど)」と書かれます。

帝(みかど)といえば、天皇の別称でもあります。

この漢字の成り立ちがまさに蹄の重要さを物語っているのではないでしょうか。

装蹄

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

UMA LIFE 5月号

・UMA LIFE 5月号

UMA LIFEの5月号は4月10日の発売です。

今回のUMA LIFEも役立つ乗馬の情報とキレイな写真が満載です。

是非ご覧ください。

UMA LIFE 2017年5月号

 

・2017年5月号 (2017年04月10日発売)の目次

●特集1
春乗馬&馬具・ファッション
春の乗馬はワクワク、ドキドキシーンの連続だ!

・森のトレッキングのあとには本格派ランチが待っている
エバーグリーンホースガーデン(千葉県)

・さわやかな風に包まれながら「菜の花」外乗を楽しむ
乗馬クラブ 風(kaze) (茨城県)

・春に出かけたい乗馬スポットガイド10

・春の1日、南房総で体験する海・外乗
ホーストレッキングパーク館山(千葉県)

●ライダーたちのFASHION通信2017 SPRING
・乗馬クラブ クレイン東京で見かけた素敵なライダーたち
・カバロ東京でファッション体験
・春のおすすめ乗馬ファッション

●特集2
ビジネスパーソン 馬に乗る!
・第35回全日本社会人馬術選手権大会ファイナル
仕事から解放されて、競技の緊張感に快くひたる
あなたの会社の馬術部拝見!
・富士通株式会社 馬術部
・トッパン・フォームズ株式会社 馬術部

●JL Urashima’s Box
・華麗なアラビアン・ショーホースの世界へようこそ
個性派乗馬用品店 コルトサービス東京
・障害馬術のマンツーマンレッスン ステーブルクリアランド
・毎日が乗馬日和!
ライダーたちの“生活習慣病” (南方あずみ)
・サンクスホースプロジェクト
第2回 リトレーニングセール in 吉備高原
・馬術競技映画の傑作「世界にひとつの金メダル」日本でも劇場公開へ

●好評連載
・Horse Culture 十勝牧場の在来馬
・UL FACE 『馬ライフ』の公式フェイスブックができました!!
・森 裕悟のこんな感じで、どうでしょう コントロール
・ウエスタンライダー養成講座 パフォーマンス編 チェンジリード(踏歩変換)(土岐田騰馬)
・馬の調教 ハミ受け (長谷川雄二)
・UMA散歩 馬を仲立ちにして地域振興
東京・方南銀座商店街 (飯村洋平)
・太田宏昭の人と馬に出会う旅 みんなのそばに、パリソワール
・馬鏡 JRA馬事公苑の未来図 (大久保登喜子)
・馬整体師 馬屋原孝惠のクリニック
便秘を改善するマッサージ
・目からウロコの“非常識”上達法 「脚を使うな」(田中雅文)

●馬探訪 あの馬を訪ねて カフナ

●Club Guide 乗馬クラブガイド

●Recruitment
馬のお仕事・リクルート

●UL×Forum
・お題に答えて! UL 読者の声
・うまうまNEWS
・名無しの馬名画画廊
・“馬”ちがい探し 7
・Wanted!!
・UL×Choice 新商品&ウマにまつわる新情報
・読者プレゼント

●Imformation
・乗馬の始め方

●Calender 綴じ込み付録 馬のカレンダー

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

食事の重要性

・食事の重要性

スポーツである乗馬を続けていく上で、馬に乗っている時以外の日常生活にも気をつけることはとても大切です。

日常生活に気をつけることによって、乗馬で自分自身の最高のパフォーマンスを発揮することができるのです。

 

人間は「運動・栄養・休養」の3つによって基礎体力が形成され、それが乗馬の上達にもつながっていきます。

プロのスポーツ選手などは普段の運動だけでなく、栄養と休養にも気をつけて生活をしています。

 

乗馬の上達には馬に乗る練習ももちろんですが、「栄養」「休養」、つまり「食べること」「寝ること」にも真剣に取り組んでいきましょう!

今回はその中でも「栄養」を摂るために重要な食事についてご紹介します。

 

スポーツをしない人の栄養は「生きるために必要な分の栄養」+「日常生活に必要な分の栄養」のみで十分です。

しかし、スポーツをする人にとってはこれらに加えて、「スポーツをする分の栄養」と「成長する分の栄養」も摂っていかなくてはいけません。

 

馬に乗った後には筋肉痛になる人も多いと思いますが、栄養が不足した状態だと疲労した身体を十分に回復させることができなかったり、成長するための栄養を運動のために回さなければいけなくなるので、理想的な身体づくりを阻害してしまいます。

体を回復させる分の栄養も意識して普段の食事を摂ることが大切です。

そして、朝ごはんをきちんと食べることも重要です。

朝、忙しくて朝ごはんを食べる時間がないという人も多いかもしれませんが、朝ごはんはその日の活動に備えた大事なウォーミングアップでもあるのでしっかりと食べる習慣をつけましょう!

 

「みんなの乗馬」では「乗馬に効果的なオススメレシピ集」としてスポーツ栄養士の佐藤彩香さん監修による、スポーツをする上で大切な栄養素が摂取できるレシピをご紹介していますので是非こちらもご覧ください。↓

http://www.minnano-jouba.com/recipe-list.html

 

乗馬をする上で大切なのは、「運動(練習)」に見合った「栄養(食事)」と「休養(睡眠)」をとることが必要不可欠です。

たとえ、多くの練習をしたとしても栄養と休養が不十分だと上達を妨げることになるでしょう。

この3つの要素のバランスが取れていることによって質の良い練習につながり、上達につながるのです。

「食事もトレーニングの1つ」という意識を持ちましょう!

馬が合う

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加