カテゴリー別アーカイブ: 馬の種類

与那国馬

馬の種類

与那国馬

与那国馬

与那国馬は沖縄県の与那国島で飼育されている日本在来種の馬で与那国町の天然記念物に指定されています。

与那国馬がどこからやってきたかははっきりと分かりませんが、日本最西端の離島である与那国島に生息しているために品種改良や他の品種との交配が行われることなく与那国馬独自の系統が保たれてきました。

与那国馬2

与那国馬の体高は約110cm~120cmでポニーに分類されます(ちなみにポニーとは特定の品種を指す言葉ではなく体高が147cm以下の馬の総称です)

与那国馬も宮古馬と同じくおとなしく人懐っこいので、宮古馬と同様に沖縄の伝統的な競技である琉球競馬に使われていました。

昔は農耕馬としても使われていましたが、今は使われておらず主に乗馬用や観光用に使われています。

与那国島では与那国馬に乗ることができる施設もあるので沖縄に旅行に行ったときには与那国馬に乗ってみてはいかがでしょうか。

外乗もできるので与那国馬にのって森の中や浜辺を歩いてみると本当に気持ちよさそうですね。

このように海の中に入ることもできます(笑)

気持ちよさそ~

与那国馬

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮古馬

馬の種類

宮古馬

宮古馬

宮古馬は沖縄県宮古島で飼育されている日本在来種の馬で沖縄県の天然記念物に指定されています。天然記念物に指定されているだけあって頭数は少なく、現在は約40頭ほどしかいません。

 

沖縄では昔から小型馬が飼育されており、この馬は中国から伝わったという説と朝鮮半島の馬が九州を経て伝わったという説があります。

 

宮古馬の体高は約110cm~120cmで、性格はおとなしく人によく懐き、また丈夫で蹄が堅いためサンゴ石の道路や表土の薄いサトウキビ畑での農耕に適しており、粗食や重労働に耐えることから明治時代に宮古島でサトウキビの栽培が始められると宮古島がその農耕に活躍しました。

宮古馬1

宮古馬は琉球王国時代に行われていた沖縄の伝統的な競技であった琉球競馬に使われていたり、琉球王朝の王様の公用馬として乗られていました。

やはりおとなしく扱いやすいので安全性も高かったのでしょう。

宮古島には乗馬施設もありますので、沖縄に旅行に行かれた時は是非、宮古馬で乗馬を楽しまれてはいかがでしょうか。

宮古馬2

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

木曽馬

馬の種類

木曽馬

木曽馬

木曽馬はその名の通り、長野県の木曽地域や岐阜県の飛騨地方を中心に飼育されている日本在来種の馬です。

起源ははっきりしていませんが、元々は蒙古の大陸系の馬で2世紀から3世紀にかけて朝鮮半島を南下して渡来したと言われています。

そして5世紀~6世紀以降は渡来する馬の数も増加し全国に分布され、この馬が木曽地域で飼育された為に木曽馬と呼ばれるようになったとされています。

 

木曽馬は日本在来馬の中で中型に属しています。

平均体高は牡馬で136cm、牝馬で133cm、体重は350kg~420kg。

体幅が広く、胴長短足でおとなしく人懐っこい馬が多いです(もちろん気性の荒い馬もいますが・・)

山間部で飼育されていた為に足腰が強く頑強で、蹄が固く軽い運動程度なら蹄鉄を打たなくても大丈夫です。

 

木曽馬はお腹がポコッと出て大きいですが、それは他の馬種よりも盲腸が平均30cmほど長く、太さも2倍程あることが要因です。

その為、木曽馬は粗食で草だけでも生きていくことができます。

木曽馬2

木曽馬は長野県の天然記念物に指定されており、現在の飼育数は200頭以下です。

木曽馬はそのおとなしい性格から乗馬としても使われており、乗馬クラブでも飼育されているところがあります。

小さいので子供も安心して乗れるため、人気がある品種です。

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加