藤森神社(後編)

前回の続きです。

藤森神社の中には宝物殿というところがあり、ここは馬の博物館として馬に関する色々な物が展示されています。

宝仏殿

 

宝物殿の中に入るとまず屏風がありますがもちろんここにも馬の絵が描かれています。

houmotubyoubu0001

そしてその横には競馬の騎手のサインが。
IMG_2159

ちょっとピンボケしてしまいましたが、これは武豊騎手ですね。
馬にまつわる神社だけあって競馬関係者の方もたくさん参拝に来られるようです。
IMG_2160

さらに奥に入っていくと、馬の人形が展示されています。

日本各地の馬の郷土玩具や世界各国の馬のミニチュアですね。
IMG_2162

IMG_2161

そして、これは鎧と刀ですね。

この鎧は「紫絲威大鎧」(むらさきいとおどしおおよろい)という鎧らしいです。

南北朝時代に使用された格調高い鎧で高貴な武将が身に着けていたと言われています。
IMG_2163

IMG_2172

これが鞍ですね。
さすがにガッシリとした造りで重量感があります。
IMG_2167

そしてこれが藤森祭での駈馬神事の写真です。
昔は戦の時にはこのような乗り方もしたんでしょうね。
IMG_2174

これが横乗りで敵から姿を隠すための乗り方です。
IMG_2173

これは手綱潜りという技で矢を避けるための乗り方ですね。
IMG_2175

他にも逆さになって乗ったりと様々な曲芸を披露しています。
IMG_2178

毎年5月に行われるらしいので生で見てみると楽しそうですね!
でもみなさんは決して真似しないようにして下さいね(笑)

そしてこれは鳥羽伏見の戦いで使用されたという大砲です。
ただ、やけにサイズが小さかったのですが果たしてどれだけの威力があったのでしょうか。
IMG_2181

宝物殿を出てしばらく歩くと、たくさんの人の願い事が書かれた絵馬がありました。
やはり馬にまつわる神社ということで馬に関する願い事が多いですね。
IMG_2189

最後におみくじを引くと「中吉」でした。
今年もいい年にしたいですね。

藤森神社はJRの藤森駅を降りて徒歩5分ほど、車でお越しの方も無料駐車場があります。
ちなみに近くには京都競馬場もあるのでここでお祈りすると馬券が当たるかも。
ちなみに僕はこの後、京都競馬場に行きましたが馬券は当たりませんでした(笑)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>