軽乗

【乗馬】

・軽乗

乗馬には ブリティッシュやウエスタン、障害飛越や馬場馬術、エンデュランスなど様々な種類があります。 その色々な乗馬の種類の中ではあまり馴染みがないかもしれませんが、その中に「軽乗(けいじょう)」というものがあります。

軽乗とは調馬索で直径13メートル以上の円周上を駈歩で馬が回っている中で騎乗者は両手を離して乗ったり、立って乗ったり、後ろ向きに乗ったりと色々なポーズで騎乗します。 また、二人乗りをすることもあります。軽乗用の特殊な鞍をつけた馬に走り寄り、馬の走るリズムに合わせて代わる代わる飛び乗ったり飛び降りたりします。

軽乗
【画像提供:Ventura / Shutterstock.com】

軽乗は日本ではあまり馴染みがありませんが、ヨーロッパやアメリカ、オセアニアの各国では盛んに行われており、乗馬を始める前の子供たちに乗馬の楽しさを伝えるキッカケとしても行われています。

オリンピックでも1920年のアントワープオリンピックで一度だけ開催されたことがあり、現在では世界選手権種目としてヨーロッパやアメリカで盛んに行われています。

軽乗は最初は騎兵隊の上級馬術教育の一環として行われていたので古い歴史を持っており、また体操競技種目の「あん馬」の由来となったのはこの軽乗だと言われています。

軽乗(二人)
【画像提供:muzsy / Shutterstock.com】

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>