寒立馬

【馬の豆知識】

・寒立馬(かんだちめ)

青森県、下北半島の最東端に位置する尻屋崎に寒立馬(かんだちめ)という馬たちがいます。

 

寒立馬という名前からは、雪の中でじっと立ったまま寒さに耐える姿を想像させますが、実際この馬たちは真冬でも外に放牧されています。

寒立馬2

 

寒立馬という名前がつけられたのは1970年(昭和45年)なので、さほど古いものでもなく、この名前がつけられるまでは地元の人はこの馬たちを「野放し馬」と呼んでいました。

「寒立(かんだち)」という言葉は地元のマタギ(狩人)がカモシカが寒い中で何日もジッとたたずんでいる姿を「カモシカの寒立」と呼んでいたことに由来します。

それまで「野放し馬」という名前で呼ばれていたこの馬たちにもカモシカと同じような姿を見ることができることから、この馬たちに「寒立馬」という名前がつけられました。

 

この地域の馬の飼育の歴史は古く、この地域一帯は昔は南部藩の領地で、鎌倉時代から馬の生産が盛んでした。

 

馬は昔は軍馬として使われてきました。

日清戦争、日露戦争では日本は勝利したとはいえ、軍馬のレベルは外国の馬に比べると体格面や能力面ではるかに劣っていたのです。

そこで、政府は軍馬育成のために馬政計画を立てます。

日本在来馬を洋種馬と交配し、改良によって軍馬のレベルを上げようという計画です。

 

この寒立馬は南部馬(現在の岩手県にいた馬)を祖先として、洋種馬との交配によって改良されてきた馬なのです。

中でも尻屋崎ではこの野放し馬をブルトン種(フランス原産)とかけあわせることによって独自の種類を生み出しました。

現在、南部馬の血を引いているのはこの寒立馬だけとされています。

 

しかし、現在で日本在来馬と認定されている馬の中に寒立馬の名前はありません。

なぜならば、寒立馬は日本在来馬に比べて洋種馬の影響を強く受けすぎているからなのです。

SONY DSC

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>