汗血馬

【馬の豆知識】

・汗血馬

昔、中国に汗血馬(かんけつば)という馬が存在していたと言われています。

汗血馬とはその名の通り「血のような汗を流して走る馬」という意味で一日に千里(約500km)を走ると言われたようです。

もちろん一日に千里走るというのは大げさな表現でしょうが、それだけ汗血馬は持久力に富んだ馬だったということでしょう。

現代にはアハルテケという品種の馬がいますが、このアハルテケは持久力に優れていることから汗血馬の子孫ではないかと言われています。

さて、汗血馬の名前の由来は「血のような汗を流して走る」ということからきていますが、そんなことは本当にあるのでしょうか?

馬の病気のひとつに「血汗症」というものがあります。

血汗症はアジアの特定の地域にいる寄生虫、フィラリアの一種が馬に寄生すると血管の中に入り込み、特に夏場に皮膚の表面近くに集まる習性を持っています。

そして、この寄生虫が馬の皮膚を食い破って外に出ると出血が見られます。

この寄生虫によって皮膚に滲んだ血液が血のような汗を流しているように見えたことから、汗血馬はこの血汗症の馬のことを指していたのではないかと言われています。

そして、この病気にかかった馬は血管や細胞組織の壊死による痛みに追われて耐え切れず走り続けることから、休むことなく長距離を走ることができたとも言われています。

「三国志」にも登場するあの有名な赤兎馬(せきとば)は汗血馬だったとされています。

アハルテケ2
【トルクメニスタンが原産のアハルテケは汗血馬の子孫と言われている】

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>