馬とドーピング

【馬の豆知識】

・馬とドーピング

2020年に東京でオリンピックが開催されます。

オリンピックの時期になると出てくる話題のひとつとしてドーピングがあります。

1988年、ソウルオリンピックで金メダルを獲得したベン・ジョンソンは競技後にドーピング(アナボリック・ステロイド)が発覚し、金メダルは剥奪されました。

 

ドーピングは「運動能力を人為的に不公正に高めることを目的にして、物質を投与したり、使用したりすること」と定義されています。

そして、もちろんドーピングは人間の競技だけではなく、乗馬の試合や競馬などでも禁止されており、厳格なチェックが実施されています。

 

実は人類によって初めてドーピングが行われたのは馬の競技だとされています。

古代のローマでは二輪馬車による馬の競走が行われていました。

この時代にはアナボリック・ステロイドのようなドーピングはなかったでしょうが、この競技に勝つためにハチミツに水やえん麦を混ぜた液体が馬に与えられたという記録が残っているのです。

この物質にはアルコール発酵によって、何らかの作用があった可能性があります。

 

元々、ドーピングという言葉は南アフリカの原住民が戦などの前に飲んだ強い酒を「ドープ」と呼んでいたことに由来しています。

ドープという言葉は英語の辞書でも馬が引き合いに出されているほどで、人間と馬との長い歴史の中でドーピングは深い関係があるのです。

 

しかし、現在は乗馬や競馬などでドーピングが行われることはほとんどありません。

ドーピングが発覚すると出場停止などの厳しい処分が与えられる上に、現代の厳格なドーピング検査では不正をするとまず間違いなくそれがバレてしまうのです。

正反動速歩

【馬術の試合では厳格なドーピング検査が実施されている】

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>