埒が明かない

【馬にまつわる言葉】

・埒が明かない(らちがあかない)

今回の馬にまつわる言葉は「埒が明かない(らちがあかない)」です。

日常生活の中でも割と使う場面がある言葉かもしれませんね。

 

「埒が明かない」とは「物事が解決しないこと」や「物事の決着がつかないこと」などの意味として使われています。

 

実はこの言葉は元々は「埒が明く(らちがあく)」という言葉として「物事の決着がつく」や「かたがつく」などの意味として使われていました。

しかし、現代では「埒が明かない」と否定形で使われることがほとんどです。

 

この「埒(らち)」とは馬場の周りに設けられた柵のことを言います。

なぜ、埒がこのような進展の意味で使われるようになったかは諸説あります。

 

一つの説は昔、神社の祭礼で初めに祝詞を上げましたが、この祝詞が終わるまでは柵が閉まっていたので一般の人が中に入れなかったことからという説。

 

もう一つの説は加茂の競べ馬(くらべうま)で柵が外されるのを一般の客が待ちわびて言った言葉からという説があります。

埒が明かない

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>