鹿を指して馬と為す

【馬にまつわる言葉】

・鹿を指して馬と為す

今回ご紹介する馬に関することわざは「鹿を指して馬と為す(しかをさしてうまとなす)」です。

「鹿を指して馬と為す」とは「理屈に合わないことを無理矢理に権力によって押し通すこと」のたとえです。

 

この言葉は中国の「史記」の秦始皇本紀にある故事に由来します。

その昔、秦の始皇帝の死後、悪臣の趙高が自分の権威を試そうと二世皇帝に鹿を献上しましたが、趙高はその鹿を馬だと言って押し通しました。

しかし、周りは皆が趙高を恐れていたので、それは鹿だと反対を唱えたものはおらず、「鹿です」と言った者は処刑されたという故事がこの言葉の由来となっています。

 

ちなみに「バカ」という言葉を漢字にすると「馬鹿」になります。

この由来には諸説ありますが、これは決して馬と鹿を軽蔑しているわけではありません。

今回ご紹介した「鹿を指して馬と為す」の言葉から「自分の権勢を使って、間違ったことを無理に押し通す」という意味として「馬鹿」の漢字には馬と鹿が使われるようになったとされ、もう一つの説も当て字で馬と鹿が使われるようになっていることからも、決して馬と鹿を軽蔑してこういう漢字になったわけではないのです。

馬と鹿

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>