みんなの乗馬TOP引退馬協会 引退馬に幸せな余生を

引退馬協会 引退馬に幸せな余生を

引退馬01

現在、日本における馬の生産頭数は毎年およそ7,000頭と言われています。

生産された馬は競走馬や乗用馬として使われますが、引退して役目を終えた馬はその後の生活が保障されているわけではありません。

一頭でも多くの馬に幸せな余生を・・

そういう願いのもとに活動している団体があります。

認定NPO法人 引退馬協会

引退馬協会は競走馬を引退して行き場のなくなった馬たちの余生を幸せに暮らせるような取り組みを行っている団体で、一頭の馬を会員さんたちが皆で少しずつの費用を出し合って支えていく制度をつくっています。

昔は表に出ることが少なかった引退馬の余生ですが、競馬がギャンブルとしてだけでなくレジャーとして一般に広まり、またインターネットの普及によって好きな馬に思い入れを持つファンなど多くの人々の注目が集まるようになりました。

それに伴って、引退馬の行く末を心配する声が高まり始めた1997年、引退馬の里親制度であり、引退馬協会の前身である「イグレット軽種馬フォスターペアレントの会」が設立されました。

2005年には引退馬の繋養を対外支援の形でサポートする「引退馬ネット」の活動を開始。

そして、2011年に「NPO法人 引退馬協会」を設立し、東日本大震災で被災した馬たちの支援活動、引退競走馬の再就職支援活動、引退馬の余生に関する啓発活動等、多方面にわたり活動しています。

2014年には「認定NPO法人」となったため、引退馬協会への寄付は優遇税制の対象となります。

引退馬02 引退馬03

【幸せそうに暮らす引退馬協会の馬たち】

たくさんの人が一頭のために、一頭がたくさんの人のために

引退馬04

当初は引退馬協会の会員さんの多くが「一頭でも多くの馬が元気で暮らせるように」との思いで参加してきました。

しかし、ただ単に人が馬の面倒を見るということだけではなく、引退馬協会で世話をしている馬(フォスターホースと呼ばれています)と触れ合うことによって、心身ともに元気にしてもらったり幸せな気持ちになるホースセラピーの効果を実感しています。

つまり、人間が馬に一方的に与えるだけではなく馬からも人間に与えるという形ができ、人と馬とがお互いに支え合うという関係が出来上がっているのです。

高齢馬であったり、実績がなく行き場のなくなり本来なら生きることができなかった馬が幸せに命をまっとうすることができ、人間に対しても幸せを分け与えてくれる。

なんて素敵な関係なのでしょうか。

引退馬05

馬を飼育するには多くの費用がかかるので一人で面倒を見るのは大変でも、こうやってたくさんの人たちが協力すれば馬に幸せな余生を過ごしてもらうことができるのです。

引退馬協会の会員には誰でもなることができ、月会費も1000円からとなっているのでとても気軽な気持ちで引退馬のサポートに加わることができます。

一人一人の力は小さくてもたくさんの人の力が集まれば多くの馬の命を救うことができるのです。

引退馬協会の会員について詳しくはこちらをご覧ください→http://rha.or.jp/membership/

引退馬の再就職支援プログラム

引退馬06

引退馬協会では、「再就職支援プログラム」として引退した競走馬に対して人と穏やかに暮らすための馴致調教も行っています。

人間に順応してゆっくりと歩くことができる練習や、基礎的な乗馬の運動などを通して、馬の性格や能力を把握し、それぞれの馬の適した場所へ譲渡することを目指しています。

年齢が若くまだまだ働ける馬が調教され、乗馬クラブなどで活躍できる場を探すこのプログラム。

調教された馬は無償での譲渡となっていますので、乗馬クラブなどで馬をお探しの方は是非検討されてみてはいかがでしょうか。

引退馬グッズの購入でも引退馬のサポートができます

引退馬協会では引退馬たちの生き生きとした姿が印象的なグッズを販売しており、このグッズの収益はすべて引退馬のために大切に使われています。

引退馬07

【2016年フォスターホースカレンダーの表紙はエイシンバーリン】

カレンダーの他にもポストカードやクリアファイルなどのグッズがあり、馬好きの方なら誰もが喜ぶ素敵なものばかりではないでしょうか。

馬好きの方へのプレゼントにもいいかもしれませんね。

馬のために私たちができること

生まれてくる馬の大多数は人間の手によって交配相手が決められて誕生し、人間のために働き続けます。

馬は乗馬、競馬、馬車、また古くは農耕馬として働き、昔から人間に仕えてきました。

人間を助け、人間の言うことを聞き、人間の生活を豊かにし、そして人間を楽しませてきたのです。

今度は私たち人間が馬のために何かをしてあげるべきなのではないでしょうか。

一人一人の力は小さくても、その一人一人の気持ちと行動があれば救える命があります。

引退馬08

引退馬協会ホームページ
http://rha.or.jp/

引退馬協会Facebook
https://www.facebook.com/nporha/

引退馬協会Twitter
https://twitter.com/rhainfo