アングロアラブ

【馬の種類】

・アングロアラブ(Anglo-Arabian)

アングロアラブ

アングロアラブサラブレッドアラブ種を掛け合わせて作られた軽種です。

原産はイギリスですが、主にフランスで活発に生産が行われてきました。

 

サラブレッドは気性が激しい馬が多く、またスピードを追求するために体質が弱い馬も多いのでそれを解決するために頑丈で従順なアラブ種を掛け合わせることで、サラブレッドの持つ弱点を解消し頑丈さと温厚な気性、そしてスピードを得たのがこのアングロアラブです。

 

アングロアラブはヨーロッパを中心として各国で生産が行われており、競走馬としてや乗用馬として使われてきました。

抜群の跳躍力があることから乗馬の障害飛越競技にも使われています。

アングロアラブ2

アングロアラブは戦前の日本ではその丈夫さと温厚な性格から軍馬としての生産が推奨されてきました。

当時の競馬の存在意義もスポーツとしてではなく軍馬の質を向上させるという目的で行われていました。

しかし、戦後になり軍馬としての需要がなくなるとアングロアラブはサラブレッドに比べてスピードが劣るために競走馬としての人気が落ち、現在の日本では競走用としては使われなくなり生産もほとんど行われないようになりました。

 

日本ではアングロアラブと認められるのはアラブ血量が25%以上であることが条件でアラブ血量が25%に満たない場合はサラブレッド系種という扱いになります。

また、アングロアラブはサラブレッド以外にもセルフランセとの混血種なども存在しています。

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>