クォーターホース(Quarter horse)

馬の種類

クォーターホース(Quarter horse)

クォーターホース

クォーターホース(Quarter horse)は正式にはアメリカンクォーターホース(American quarter horse)と呼ばれ、アメリカのバージニア州が原産の中間種です。全世界で400万頭以上が登録されており世界で最も頭数の多い品種です。

クォーターホースの起源はアメリカ開拓期にヨーロッパから持ち込まれたアンダルシアンサラブレッドアラブ種、あるいはマスタングなどが交配され改良を繰り返すことで誕生しました。

クォーターホースの名前の由来はクォーターマイル(1600mの4分の1)の400mを速く走ることができることから名付けられました。

短距離のダッシュ力に優れ、急発進や急停止も上手にこなすことができ400m以下なら例えサラブレッドが相手でも互角以上に戦えます。

トップスピードは時速75kmほどになり、最高では約88.5kmを記録したという例もあります。

アメリカではクォーターレース用の競走馬として使われていますが、日本では使用されていません。しかし、その機動力の高さとサラブレッドよりも温厚な気性から万一の競走馬の放馬に備えて大井競馬場など一部の地方競馬場では誘導馬として重宝されています。

クォーターホース1

クォーターホースの体高は約143cm~約160cmで体重は約400kgとサラブレッドに比べると小さいですが、ややがっしりとした筋肉質の体型で温厚な性格をしており、また粗食にも耐えます。

クォーターホースは色々な用途に使われ、馬ができることはクォーターホースなら基本的に何でもできると言われているほどです。

昔、アメリカでは農作業や牛追い、運搬 、馬車馬、戦闘馬などに使われ、カウボーイが乗る馬として名声を得ました。

今現在はウエスタンスタイルの乗馬に使われているのが有名ですが、その他にもロデオ競技用としてや、トレッキング、馬場馬術、障害競技などたくさんの用途で活躍しています。

クォーターホース2

私もクォーターホースに乗っていましたが、サラブレッドに比べ反動が少なく乗りやすい印象で、何よりも大人しくほとんど暴れるところを見たことがないというぐらいでした(まぁ個体差にもよると思いますが)

結婚式で新郎新婦さんを馬に乗せてお客さんの前に登場するというような事もしたのですが、その時もクォーターホースを使用し、たくさんの人と拍手にも動じることなくシッカリと役目を果たしてくれました。

クォーターホースはウエスタンスタイルの乗馬クラブを中心にたくさんの乗馬クラブで乗ることができますので、みなさんも是非クォーターホースに乗ってカウボーイ気分を味わってみてはいかがでしょうか。

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>