なぜシマウマには乗れないのか

【馬の豆知識】

・なぜシマウマには乗れないのか

馬は長い歴史の中で人間と深い関係を築き色々な場面で活躍してきました。

しかし、馬と姿かたちが似ているシマウマは馬とは違い家畜にすらなっていません。

確かにシマウマは一般的な馬よりはやや小柄ですが子供が乗るぶんには十分な大きさですし、子供用の乗用馬として飼育したら人気が出るのでは?と思われる人もいるかもしれません。

しかし、シマウマが家畜化されなかった最も大きな要因はその気性の荒さにあります。

仔馬のころからどんなに人に慣らすように飼育してきても年をとるにしたがって段々と気性が荒くなり手がつけられなくなってくるようです。

もちろん馬でも気性のおとなしい馬ばかりではなく気性の激しい馬もいます。

しかし、シマウマは種全体がそういった気性面での問題を抱えています。

また、シマウマはすぐにパニックになりやすく狭い場所に隔離して閉じ込めるとそれだけでショック死するものも出てくるらしいです。

そして、シマウマは馬に比べて背骨が丈夫ではないので重い重量を背負うことには適していないために人を乗せると相当な負担になるようです。

シマウマが乗馬として使用されず家畜化もされていないのにはこういった理由があります。

 

それから、なぜシマウマはあんなに目立つ模様をしているのでしょうか?

あんなに目立ったら肉食獣に見つかりやすいんじゃないかと一見思うのですが、実はあのシマシマ模様をサバンナで見ると草むらや低木のように見えるのです。

あの派手な模様もサバンナでは保護色になって風景に溶け込むことにより肉食獣から逃れやすくなるのです。

 

ちなみにシマウマはどんな鳴き声をすると思いますか?

実は馬の鳴き声とは違って犬のように「ワンワン」と鳴くのです(笑)

ちょっと意外ですね。

シマウマ

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>