草食動物のセルロース消化方法

【馬の豆知識】

・草食動物のセルロース消化方法

前回のブログ(馬がセルロースを分解するしくみ)では馬が草のセルロースを消化する方法をご紹介しました。

 

馬は盲腸の中の微生物によって草のセルロースを分解し、それをエネルギーとして利用しています。

人間はセルロースをエネルギーとして利用することができないので、これは草食動物ならではの特徴と言っていいでしょう。

 

では、馬以外の草食動物のセルロースの消化方法はどのようになっているのでしょうか。

 

例えばウサギの場合。

ウサギ

ウサギも馬と同じで盲腸の微生物によってセルロースを分解します。

しかし、ウサギは盲腸で分解した糞(盲腸食)を、肛門に口をあてて食べるという習性を持っています。

この糞には栄養分がタップリと含まれています。

まだ利用できる栄養分である自分の糞を食べることによってスムーズに栄養を吸収し、セルロースの消化効率を上げているのです。

 

次は牛の場合の消化方法です。

ウシ

牛は胃を4つ持っており、胃の中にいる微生物によってセルロースを分解しています。

そして、反芻(はんすう)動物である牛は一度飲み込んだ食べ物を吐き戻して何度も咀嚼(反芻)します。

このように反芻を行うことによってセルロースをスムーズに消化することができ、エネルギーとして利用することができるのです。

牛は4つも胃を持っているので、盲腸でセルロースを分解している馬に比べて消化の効率がおよそ3倍も優れています。

牛と馬

 

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>