馬の視野

【馬の豆知識】

・馬の視野

馬の顔のつくりの特徴のひとつに目のついている位置があげられます。

他の動物と比べてみても両目の間隔はかなり離れており、ほとんど頭部の真横に目がついていると言ってもよいぐらいです。

もちろんこういう目の位置であることは大きな理由があります。

馬は草食動物であり野生で生き抜くためには常に肉食動物から逃げ延びなければなりませんでした。

横に目がついていることによって視野が広がり、忍び寄ってくる天敵をいち早く察知することができるのです。

それに加え、瞳孔が横長に開いていることにより馬の視野はなんと350度にもおよびます。(ちなみに人間の視野は約200度)

ということは馬は真後ろ以外のほとんどの範囲は見えていることになりますね。

さらに、単眼視(たんがんし)といって左右それぞれの目で別のものを見れるという特徴もあります。

なので草を食べているときでもシッカリと周囲を警戒することができるのです。

これだけ見ると馬の目は長所ばかりのようにも思えますが、欠点もあります。

馬は視野の約80%は片目で見ており、焦点を合わす筋肉も発達していないために視覚による距離の感覚があまりよくつかめません。

なので、遠くのものを見るときは頭を下げて上目づかいのように見て、逆に近くのものを見るときには頭を上げて焦点を合わせようとします。

これに対して肉食動物の両目は顔の正面についており草食動物ほど視野は広くありませんが、視覚による距離の感覚がつかみやすくなっています。

このように草食動物、肉食動物それぞれの野生の生活環境によって生き延びていくために目の役割もそれぞれ異なっているのです。

馬の視野

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>