リピッツァナー

【馬の種類】

・リピッツァナー(Lipizzaner)

リピッツァナー

リピッツァナーは16世紀にオーストリアで品種改良によって作り出された軽種です。

リピッツァナーの名前の由来はこの品種の生産を開始したオーストリアのリピッツァ牧場からきています。

この品種はオーストリアにいたアンダルシア馬(アラブ種、バルブ種、13世紀のスペインの在来馬)の流れを汲むカルスト種と、同じくアンダルシア馬の流れを汲むイタリアのネアポタリノ種を交配することで誕生しました。

リピッツァナーの体高は約150cm~160cmで毛色は芦毛が大部分を占めますが、鹿毛や栗毛、粕毛なども見られ、肉体面では丈夫さと柔軟性を兼ね備えており精神面でも忍耐強さと優れた感受性に特徴がありとても賢い品種です。

 

オーストリアの王立牧場で飼育されるようになったこの品種は主に古典馬術用の馬として改良が進められ、リピッツァナーの生産が開始された目的のひとつに当時は王室に気品のある馬を供給することにありました。

16世紀末から18世紀半ばにかけては軍馬としても使われており、世界最良の軍馬とも言われました。

 

今現在でもリピッツァナーは乗用馬として活躍しており、オーストリアのウィーンにあるスペイン乗馬学校の馬場馬術で用いられています。

リピッツァナー2

頑丈な馬体、特に後肢が強靭なのでその場で足踏みをするピアッフェや躍動感のある速歩であるパッサージュといった運動も得意で、スペイン乗馬学校でのリピッツァナーの馬術公演はとても優雅で芸術的です。

スペイン乗馬学校では朝の調教の見学も可能とのことですので、ヨーロッパへ旅行する機会があれば見ておいて損はないでしょう。

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>