マトウダイ

【馬にまつわる言葉】

・マトウダイ

今回は馬にまつわる言葉をご紹介したいと思います。
以前のブログでタツノオトシゴという魚をご紹介しましたが、実は馬にちなんだ魚は他にもいくつかあります。

マトウダイという魚がいます。
マトウダイは本州以南の西部太平洋・インド洋~東部大西洋といった温暖な海域の水深50~200mほどの海底付近に生息している魚です。
太平洋側では静岡県や和歌山県など、日本海側では福井県や島根県、佐賀県などでよく見られます。

マトウダイ

なぜマトウダイが馬にちなんだ魚かというと、このマトウダイを漢字で書くと「馬頭鯛」となります。(的鯛とも呼ばれます)
これはエサを捕るときに、口が前方に大きく伸びる姿が馬の顔に似ていることから馬頭鯛と呼ばれるようになったようです。
また、富山県では「ウマダイ」、島根県では「バトウ」とも呼ばれています。

 

実はこの馬頭鯛はヨーロッパではキリストの十二使徒の一人、聖ペトロの魚と呼ばれています。

聖ペトロはもともとは漁師でした。

マトウダイの体側面の中央部分には円紋があるのですが、伝承では聖ペトロが魚の口からお金を取り出すという話があり、このマトウダイの円紋はその時についた聖ペトロの指の跡とされています。

 

ちなみにマトウダイはフランス語では「サン・ピエル」、ドイツ語では「ピーターフィシュ」と呼ばれ、共に聖ペトロにちなんで命名されています。

また、マトウダイの学名は「ゼウス・ファベル」で、ギリシャ神話の最高神であるゼウスの名を冠しているのはマトウダイが立派な背ビレを持っているからなのかもしれません。

 

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加