馬の重心

・馬の重心

前回のブログでは障害馬術における馬と人間の重心についてご紹介しました。

今回も馬の重心についてご紹介します。

馬が静かに立っているとき、横から見ると重心の位置はおよそ第12~13肋骨の辺りにあります。

この重心の位置は騎乗者の坐骨のほぼ真下になります。 すなわち、馬の重心の真上に騎乗者が乗っているということになります。

馬の重心

 

馬の重心の位置は馬が体勢を変えると、前後左右に少し移動します。 特に馬の頭の位置によって重心の位置は変わります。

頭が高い位置にあると重心はやや後方になり、頭を下げて前に突き出すと重心はやや前方に位置します。

すなわち、馬の頭の位置が変わると、前後肢にかかる体重負担の比率も変わってくるのです。

馬が静かにして立っているとき、前肢と後肢の体重負担の比率はおよそ3:2、または4:3と言われています。

前肢の役割は進行方向を決定する、いわば「舵取り」のようなものです。

そして、後肢の役割は推進力の発揮。後肢で地面を後ろに押して推進力を発揮します。

自動車でいえば後輪駆動のようなもので、後ろにある程度の荷重がかかっていないと駆動力が逃げてしまいます。 なので、後肢にもおよそ40パーセントの体重がかかっているのです。

馬場馬術では騎乗時にやや後傾した姿勢をとります。

これは馬の体重心の後方移動に同調します。 そして、後肢の深い踏み込み、さらには肩と前肢の負担を軽減し、前肢の動きを大きくする効果も発揮しているのです。

馬場馬術競技

 

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加