馬が由来となった言葉2

・馬が由来となった言葉2

今回のブログでは馬が由来となった言葉をご紹介します。

 

今回ご紹介する言葉は「午前」「正午」「午後」です。

12時を「正午」、昼前を「午前」、昼過ぎを「午後」といいますが、ではなぜ時刻を表す言葉に「午(うま)」という文字が使われているのでしょうか?

 

明治より前の時代は時刻を表すのに十二支を使っていました。

子の刻(真夜中の0時)から始まって、二時間ごとに「丑」、「寅」、「卯」、「辰」、「巳」と刻んでいくとちょうど昼の12時が「午」の刻の中心にあたり、ここから「正午」という言葉がきています。

ちなみに深夜の12時は「正子(しょうし)」と言います。

 

なので、子の刻から午の刻までを午前、午の刻から子の刻までを午後と言うのです。

 

ちなみに十二支に時間を当てはめると次のようになります。

子・・23時~1時

丑・・  1時~3時

寅・・  3時~5時

卯・・  5時~7時

辰・・  7時~9時

巳・・  9時~11時

午・・  11時~13時

未・・  13時~15時

申・・  15時~17時

酉・・  17時~19時

戌・・  19時~21時

亥・・  21時~23時

 

このように意外なところにも馬が関係しているのですね。

horses

 

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加