馬の触覚

【馬の豆知識】

・馬の触覚

乗馬において馬の触覚はとても重要な役割を果たしています。

脚で圧迫して前進する、脚をズラして駈歩を出すなど騎乗者が馬に指示を出す時にはこの触覚を利用してコミュニケーションをとっています。

特にお腹は馬にとって敏感な部分なので僅かな動きでも感じ取ることができます。

 

そして、馬の鼻先も特に敏感で唇を細かく左右に動かしながら食べ物とそうでないものを器用に分類しています。

馬房の中で乾草に小石やチップなどが混ざっていたとしても乾草だけ器用に選んで食べることができるのです。

 

また、夏場などにはハエやアブなどが寄ってくると敏感に反応し、尻尾や肢などを使って追い払います。

尻尾や肢が届かないところに虫が止まったら皮膚をブルブルと震わせて虫が止まらないようにしています。

あれだけ大きな身体をしているのに小さな虫が止まっただけですぐに反応するところを見ても馬は敏感に触覚を感じることができると言えるでしょう。

馬の触覚

この写真のように馬を放牧に出すと気持ちよさそうに寝転んで砂浴びをしますが、これも元々は皮膚についている寄生虫を落とすための行動だと言われています。

砂浴びが好きな馬は多く、この行動も触覚を利用した馬にとってのストレス解消法と言えるかもしれません。

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

馬の嗅覚

【馬の豆知識】

・馬の嗅覚

馬はとても嗅覚が優れている動物です。

嗅覚は仲間を識別したり、食べ物を見つけたりする時などに使います。

近づくと人間に鼻をすり寄せてきたりすることがありますが、これは嗅覚で人を認識しようとしているのです。

嗅覚は馬同士のコミュニケーションでも重要な役割を果たしており、牡馬が牝馬の発情を匂いで感じ取ったりします。

また、産まれたばかりの仔馬を母馬がペロペロと舐めるのですが、これは仔馬の匂いを覚えるためだと言われています。

馬の鼻

この写真のような表情をしている馬を見たことがある人も多いでしょう。

「馬が笑う」と形容されるこの表情はフレーメンといい、鋤鼻器(じょびき)または、ヤコブソン器官と呼ばれる嗅覚器官を空気に晒すことによってより多くの臭い物質を取り入れようとする行動だと考えられています。

フレーメンは主にフェロモンの受容を行う時に見られる動作で異性の尿の臭いを嗅いだ時などに行ったりします。

例えばタオルで牝馬を拭き、そのタオルに牝馬の匂いがついたまま牡馬の顔を拭こうとするとフレーメンをしたりします。

また、今までにあまり嗅いだことがない香りやいい香りがするときにもフレーメンをすることがあり、香水の香りやタバコの煙などを嗅いだ時などにも見られる行動です。

 

馬の嗅覚の感度は人間のおよそ1000倍とも言われており、いかに馬が嗅覚に優れているかが分かるでしょう。

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加