クリオージョ(Criollo)

【馬の種類】

・クリオージョ(Criollo)

クリオージョ

クリオージョは南アメリカが原産の品種で16世紀にスペインからアルゼンチンに持ち込まれた馬の子孫となりアンダルシアンアラブ、バルブの混じった品種です。

一度野生化した馬からつくられており、ガウチョ(南アメリカのカウボーイ)が乗る馬として知られています。

 

クリオージョは南アメリカのそれぞれの国々によってタイプが異なり、代表的な毛色は河原毛ですが他にも色々な毛色があります。

たてがみと尾は黒く、背中には鰻線(まんせん)と呼ばれる色の濃い線があり、肢に縞模様が認められることもあります。

クリオージョは体こそ小さめですが、頸や胴などは太く力強さがあり、さらに丈夫で持久力も備えており、また粗食にも耐えます。

クリオージョは乗馬用の他に軍事用の馬としても使われたりしましたが、サラブレッドと交配することで世界で最も優れたポロ・ポニーと言われているアルゼンチン産のポロ・ポニーが誕生しました。

クリオージョ2

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加