馬と映画

【馬の豆知識】

・馬と映画

映画が初めて公開されたのは1895年、「映画の父」と呼ばれるフランスのリュミエール兄弟によって公開されました。

また、発明王エジソンも「キネトスコープ」という覗き眼鏡式の映画再生装置をつくりました。

これまでに映画が発明され、そして公開されるまでには様々な人物の貢献があったのです。

 

リュミエール兄弟、エジソンはもちろんですが、映画の発明には実は馬も少なからず貢献しているのです。

写真家であるエドワード・J・マイブリッジは写真感度向上の化学研究で知られており、1878年に馬の走る姿の連続撮影に成功しました。

その当時は馬の走り方は「前脚は前方に伸ばし、後脚は後方にそれぞれ伸ばして走る」と考えられていました。

しかし、この連続写真によってそうではないことが証明されるのです。

マイブリッジは馬の動きに同調してシャッターが切れるような工夫をします。

馬が走るコースに12台のカメラを並べて、1台1台からコースを横切って糸を張りました。

走る馬がそこを通過して胸前で糸を断ち切ったときにカメラが作動するしくみになっていたのです。

そして、当時の感度の低い感光板でも鮮明な像が捉えられるように白いスクリーンを背景に張って、光を反射させました。

さらにマイブリッジはその連続写真をもとに描いたデッサンを連続的にスクリーン上に投影することで馬の動きを自然に再現しました。

1887年には他の動物や鳥、人間などの数多くの連続写真撮影を進め映画の発明のきっかけをつくったと言われています。

このように馬はマイブリッジやリュミエール兄弟、エジソンなどとともに映画の発明の歴史に加わっているのです。

左手前駈歩

【左手前の駈歩の歩様。当時は「前脚は前方に伸ばし、後脚は後方にそれぞれ伸ばして走る」と考えられていた。】

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴトランド(Gotland)

【馬の種類】

・ゴトランド(Gotland)

ゴトランド

ゴトランドはスウェーデンのゴトランド島が原産の品種です。

ゴトランドの体高はおよそ120センチ~122センチでポニーに分類されます。

タルパン(絶滅種)の直接の子孫と考えられており、きわめて長期に渡って隔離されてきたポニーで、近世になるとアラブの影響を受けています。

ゴトランドの毛色は河原毛、青毛、青鹿毛、芦毛、月毛などが見られ、頭部は小さく頸も短いつくりになっており、硬いを持っています。

大人しくて扱いやすい品種ですが、時として頑固な面を見せることもあります。

ゴトランドはスウェーデンのポニーで最も一般的な品種として乗用馬として活躍しており、子供だけでなく小さな大人なら乗ることができます。

障害飛越や馬場馬術などでも活躍しており、物覚えも早く調教しやすい品種とされています。

現在ではスウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェーなどの北欧の他、アメリカでも飼育されています。

ゴトランド2

 

みんなの乗馬ホームページはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加