アパルーサ(Appaloosa)

馬の種類

アパルーサ(Appaloosa)

アパルーサ

アパルーサ(Appaloosa)はアメリカ北西部が原産の中間種でカラフルな斑点が特徴的な品種です。

アパルーサの起源は18世紀にネズパース族というアメリカの原住民がスペインから持ち込んだマスタング種をサラブレッドを用いて改良したのが始まりと言われています。

ネズパース戦争で多くのアパルーサを失い、数十年は衰退に陥りましたが生き残った馬を繁殖し、復活を遂げ現在に至ります。

ちなみに現在は6万5000頭を越える馬が登録されています。

ちなみにアパルーサという名前はネズパース族がパルース川という川の周辺に住んでいたことからアパルーサという風に名付けられたそうです。

アパルーサの体高は約142cm~約163cmで、丈夫で非常に持久力のある品種です。

また、病気にも強く粗食にも耐えるために扱いやすい品種でもあります。

このあたりは品種改良を繰り返したネズパース族の努力の賜物と言えるのではないでしょうか。

アパルーサ 仔馬

アパルーサはアメリカではサラブレッドアラブクォーターホースなどと並んで最も人気のある品種の一つでアパルーサの血統はアメリカのポニーなど他の品種にも大きな影響を与えました。

 

アパルーサの最大の特徴は何といってもその独特な模様でしょう。

アパルーサの毛色は模様によっていくつかの種類に分けられます。

レオパード「LEOPARD」

この毛色は黒や茶色の流れるような斑点が特徴です。

アパルーサ レオパード

 

ブランケット「BLANKET」

この毛色はお尻の部分に斑点があるのが特徴です。

アパルーサ2

 

スノーフレーク「SNOWFLAKE」

黒い体に白い斑点が特徴で、年齢に応じて白い斑点の大きさや数が増えていきます。

アパルーサ スノーフレーク

 

フロスト「FROST」

馬体を雪化粧で覆ったような模様が特徴です。

アパルーサ フロスト

 

マーブル「MARBLE」

黒くダルメシアンのような模様が特徴です。

アパルーサ マーブル

 

ちなみに他の品種では生まれた時に毛色を判別できますが、アパルーサの場合は生まれたての時は毛色を判断しにくいらしいです。

 

アパルーサは色々な用途に使われており、馬場馬術、障害馬術、クロスカントリーやエンデュランスなどの乗馬としてはもちろん、馬車馬やサーカスなどでのショーにも使われています。

アパルーサ 馬車

また、西部劇などの映画でもアパルーサが登場することはよくあります。

こういう色々な用途で使えるというのはアパルーサの素直な気性と賢さがあるからでしょう。

アパルーサ 障害

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

「アパルーサ(Appaloosa)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>