クライズデール

【馬の種類】

・クライズデール(Clydesdale)

クライスデール
クライズデールはイギリスのスコットランド地方が原産の重種で1800年代にスコットランドの在来馬の牝馬にフランダースの牡馬を交配することによって成立しました。
また、シャイアーの血の影響も受けています。

クライズデールの体高は約163cm~183cm、体重は約820kg~910kgが平均的ですが、1920年代や1930年代にはペルシュロンシャイアーなどと比べると小さい品種でした。
しかし、1940年代に入るとパレードやショーなどで印象的に見せるために体高の大きい馬を種牡馬の選定基準としたために現在では大きい身体を持つようになりました。
毛色は鹿毛が多いですが、青毛や栗毛または芦毛も見られます。
また、顔や脚元に白い模様が見られる馬がほとんどです。

頭の幅が広く鼻孔も大きく、長い頸とたくましい背中、豊かな距毛が特徴です。
気性は他の重種と同じで、大人しく従順です。

クライスデール2
クライズデールは馬車馬としてやビールなどの荷物の運搬用として活躍しており、19世紀後半から20世紀前半にはオーストラリアやニュージーランドを中心に何千頭もの馬が各国へ輸出され人気を博しました。
また、クライズデールはアメリカのビール会社であるバドワイザーのマスコットキャラクターにも選ばれており、バドワイザークライズデールと呼ばれておりCMにも出演し、たくさんの人に親しまれています。

 

「みんなの乗馬」ホームページへはコチラをクリック↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>